個人の給料ファクタリングが少しずつ増えてきました。

給料ファクタリングを一言でいうと

給料ファクタリングは「給料の前借り」のようなもので、ファクタリング会社が給料債権を買い取るサービスです。

お金に困った時に借金できないし、借りられる知り合いもいない…。

そういう時に誰にも知られずに「お給料を前借りする感じでお金の工面がすぐにできる」というので注目されています。

ただ今のところ給料ファクタリングをしてくれる会社はそれほど多くありません。

とはいえ少ない中でも給料の現金化を頼むなら1番安心できる「おすすめのファクタリング会社」を選びたいですよね。

そこで当ページでは

  • 給料ファクタリングって何?
  • 利用しても問題ないの?
  • メリット・デメリットは?
  • 何かポイントはある?
  • どこの会社がいいの?
  • 口コミや評判は?

などなど、疑問や不安に思っている人向けに詳しく解説しています。

さらに、給料を買い取ってくれる個人対応のファクタリング業者を厳選比較の上、おすすめランキングもお伝えしています。

給料ファクタリングは手数料が高いため使わないのが1番良いのは間違いありません。

ただ、どうしてもお金が必要になった時、どこからも工面できない場合に「自分の給料で何とかする」というのは仕方がないかもしれないですよね。

そういう急を要する緊急事態でどうしてもお金の工面が必要な時は、しっかりしたサービスを選んで納得できる取引をたいですね。

以下、知らないままで損をしないよう、しっかりチェックしてみましょう。

>>給料ファクタリングの厳選比較ランキング1位・七福神はこちら

このページで分かること

給料ファクタリングの基礎知識

給料ファクタリングとは、翌月もらえる給料を給料日前に現金化するサービスです。

具体的には、個人の給料債権をファクタリング会社が買い取って現金を用意してくれます。

そして給料日になったら清算する必要があります。

継続的な給料の支払い事実が確認できれば、 基本給の範囲内でファクタリング会社が給料債権を買い取ってその代金を当日振り込んでくれます。

※残業代は買い取ってもらえません。

銀行融資やカードローン等のような厳しい審査はありません。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングの仕組みを簡単におさらいしましょう。

ファクタリングは元々、法人企業の売掛金を早く現金に換えるための債権譲渡取引です。

掛け取引が中心の法人取引の場合、売掛金が現金になるまで通常1~2ヶ月程度かかります。

現金化できるまでの資金繰りが厳しい場合など、いずれ入金される売掛金が早く現金になればその間のキャッシュフローが改善します。

そのためのサービスとしてファクタリング会社が法人企業の売掛金を買い取って、買取代金を支払うという仕組みです。

ファクタリングは違法でも何でもなく、政府が認知度アップに力を入れているぐらいです。

補足

法人のファクタリングが少しずつ普及していますが、政府は中小企業の資金繰り改善のため売掛債権の活用を積極的に利用するよう呼び掛けています。

その対策の1つとしてファクタリングが利用されるようになり、同じ仕組みが個人の給料債権の買い取りに利用されるなっています。

一般ファクタリングと給料ファクタリングの違い

一般ファクタリングは法人企業が対象のサービス

給料ファクタリングは個人が対象のサービス

上記の違いが大きなポイントです。

債権を買い取って現金化するという仕組みは同じですが、対象の債権と対象者が違います。

補足

企業が社員のお給料を払うためにファクタリングを利用して資金調達するケースがあります。

これはあくまでも企業が自社のために利用するファクタリングのため、一般ファクタリングとなります。

これは調達の理由が給料のためであっても、企業が資金調達するために利用するため給料ファクタリングにはなりません。

つまり「資金を何に使うか」という資金の用途は関係ないということです。

分かりやすい判断として、誰がファクタリングを利用するかという点がポイントです。

給料ファクタリングは即日現金化できる?

給料ファクタリングは、即日お金を手にすることが可能な資金調達方法です。

なぜ当日のうちに現金が手にできるかと言えば、カードローンなどの融資ではなく、存在する給料債権を買い取る形だからです。

借金をする場合は与信が必要で審査が厳しくなりますが、給料ファクタリングは与信審査がなたいめ厳しい審査がなく、必要な書類が用意できればすぐに現金を振り込みしてもらえます。

基本的には申込みからお金を受け取るまでその日のうちに可能です。

夜の遅い時間に申し込む場合はさすがに即日とはいきませんが、午前中など早めの時間帯に申込すると即日の現金化が可能です。

給料ファクタリングは土日も可能?

土日に買い取りから振込まですべて対応してくれるファクタリング会社は今のところないようです。

基本的には平日の営業で、平日の他は土日のうち土曜だけ営業するファクタリング会社がありますが、受付だけで買い取りや振り込みまで対応していないようです。

給料ファクタリングのメリット・デメリット

給料ファクタリングのメリット

  • 現金化のスピードが早い
  • 審査がないのでほぼ確実に現金化できる
  • 誰にも知られずに内緒で現金化できる
  • 与信審査ではないため金融ブラックでもOK
  • 融資ではないので総量規制の対象外

給料ファクタリングのデメリット

  • 手数料がかかる
  • 給料の金額以上に調達できない
  • 繰り返す可能性がある

本来、給料日に給料を受け取る場合は満額をもらうのが当たり前です。

しかし、給料ファクタリングをすると手数料がかかりますので、給料を満額手にすることはできなくなります。

本来は一切不要な手数料が給料から引かれて手取りが減る点は慎重に考えましょう。

給料ファクタリングの利用方法と流れ

STEP
問い合わせ

電話かメールで問い合わせします(問い合わせフォームからスムーズに行えます)

STEP
必要書類の提出
  1. 顔写真付の身分証明書 (免許、住基カードなど)
  2. 保険証
  3. 直近2ヶ月分の給料明細か給料の入金がわかる通帳のページ

※一般的な例ですのでファクタリング会社によって異なる場合があります。

STEP
審査・契約

書類の不備がないか、給料が間違いなくあるかなど基本的なチェックですので、厳しい審査ではありません。

STEP
入金

指定の銀行口座に入金されます。

STEP
給料日に清算

給料が出たらファクタリング会社との契約金額を返します。

給料ファクタリングの手数料に注意

給料ファクタリングのデメリットの1つとして、手数料がかかる点は十分に注意が必要です。

給料ファクタリングは、まだ広く普及していないサービスで詳しく分からない人が多いため、そこを狙って悪徳業者が高額な手数料をだまし取るというケースがあります。

対策としては以下の2点です。

  • ネットで口コミや評判が出てこないようなマイナーなファクタリング会社を使わない
  • 手数料は相場を把握してその範囲内で契約する

給料ファクタリングの手数料相場

手数料の相場ですが、今のところ10%~20%程度が相場です。

利用する人の労働の状況など、個々の条件で手数料率が変わりますので、一概に決めつけられませんが、20%以上を請求するようなファクタリング会社は利用しないようにしましょう。

悪徳業者に騙されないために

給料ファクタリングというサービスが出始めてからまだ短いこともあり、詳しく分からないけど急にお金が必要になって試してみるというケースもあります。

利用者がまだ詳しくないという状況を狙って、騙そうとする悪徳業者がいます。

ですので、そのような悪徳業者に 騙されないように気を付けることが大事です。

ポイントは、なるべく知名度があるファクタリング会社を選ぶことです。

業界の中でも大手を利用すれば高額な手数料を騙し取られるというような失敗はまずないと言えます。

給料ファクタリング利用時のポイント

給料ファクタリングを行っている会社は最近増えてきましたが、どの会社を選ぶか見極めが必要です。

給料ファクタリングの業者は大きく分けると2通りあります。

  1. 元々、法人の売掛債権を買い取るファクタリング業者が個人の給料ファクタリングも行う会社
  2. 最初から個人の給料ファクタリングだけ始めた会社

この2つを比べた時、①の法人ファクタリングの実績もあるほうが、より安心感があります。

その理由は例えば以下のような点が挙げられます。

  • ファクタリング歴のノウハウや対応力が高いと言える
  • ノウハウや対応力が手数料に反映される等で他者より有利になる可能性がある

給料ファクタリング会社厳選おすすめランキング

第1位 七福神

画像
七福神の給料ファクタリング

七福神の特徴

  • 実績豊富な専門スタッフが在籍
  • 法人ファクタリングの実績も豊富
  • 全国対応
手数料10%~
即日振込が可能な時間13時まで
ポイント

七福神は元々、法人ファクタリングを行っていて、ファクタリングのスペシャリストと言えます。最近は個人ファクタリングにも力を入れていますが、法人対応の経験・実績から専門スタッフの対応力が非常に高いと評判です。

また、大手のため個人ファクタリングの取り扱い件数も多く、手数料の面でも他社との競争力があると言えます。

七福神の口コミ

【 24歳・男性(会社員) 】 初めて給料ファクタリングをやろうと思って七福神さんと他にも相談しました。何か所も相談するのは手間がかかりますね(汗)けっきょく手数料が1番安かった七福神さんにお願いしました。給料の内3万円だけでしたけど、受付の人の印象が良くて、これならピンチの時はまた七福神さんでいいかなって思いました。

【31歳・男性(技術職)】 ネットで調べると七福神が一番多く出てくるように感じたんです。それって大手ってことですよね。悪い会社もあるって聞くし、七福神なら法人のファクタリングで実績があるらしいから信頼できると思ってやってもらいました。手数料はちょっと気になるけど、困ってたから仕方ないですね。ま、七福神の対応は良かったのでビビッて損しました(笑)

第2位 WalletLink(ウォレットリンク)

画像
WalletLinkの給料ファクタリング

WalletLinkの特徴

  • LINEで申込ができて簡単
  • 審査が緩いという口コミも
手数料10%~
即日振込が可能な時間15時まで
ポイント

ウォレットリンクの給料ファクタリングはメールフォームの他に、LINEでのやり取りも可能です。他の会社と比べて対応が良い、審査も通りやすい、 という口コミも複数あります。手数料は初回25%程度という話もあり、使い勝手や審査が通りやすい反面、手数料に反映されている感じがあります。

WalletLinkの口コミ

【21歳・女性(事務職)】 女子会に誘われて気が乗らないけど断れなくて、仕方なく1回だけと思ってウォレットリンクさんにお願いしました。給料の基本給部分の範囲ということで、もちろん全額ではなく5分の1くらいだけ。電話の応対は優しかったですよ。

【32歳・男性(会社員)】 WalletLinkはLINEで申込ができるから簡単ですね。会社は何年も実績があるようなんで、ちゃんとしてると思います。特に問題もなく即日お金を振り込んでもらえました。

第3位 Get給

画像
Get給の給料ファクタリング

Get給の特徴

  • 電子契約書で全国対応
手数料未公表(顧客の状況によって変動)
即日振込が可能な時間未公表
ポイント

Get給は2位のWalletLinkと同じ運営会社(株式会社アクアバレー)ですので、基本的には同様のサービスだと思っていいです。

サービスの規模を拡大する意味で運営サイトを増やすのはよくあることですので、本腰を入れていると解釈すればプラスの評価もできます。

ただ、違いがよく分からないという面もありますので単純に対応が良いほうを選ぶのが良いでしょう。

Get給の口コミ

Get給は対応が早かったです。とはいっても手数料はそれなりに高いので何度も使うのはちょっと厳しいかな・・。

審査は比較的ゆるいかな。そこは助かりました。振込もスピーディで満足できました。ありがとうございます。

第4位 Factal(ファクタル)

ファクタル-link給料ファクタリング
ファクタルの給料ファクタリング

特徴

  • 最短30分のスピード送金
  • 手数料は10%~
手数料10%~
即日振込が可能な時間 13時まで
ポイント

1万円の少額から利用可能で、「少しだけ試しに」というケースでも試しやすいです。

口コミ

会社にバレないか心配でしたが、取引清算後も特に問題ないようなのでよかったです。

いろんな業者を探すのが面倒だったので、ネットでみかけたここでやりました。手数料はちょっと微妙かなー。

第5位 キャッシュ代行給料お助けサービス

画像
キャッシュ代行給料お助けサービスの給料ファクタリング

特徴

  • 最短30分のスピード送金
  • 審査通過率99%以上でほぼOK
手数料3%~
即日振込が可能な時間 未公表
ポイント

キャッシュ代行給料お助けサービスは電話しなくてもメールのやり取りだけで給料ファクタリングを行ってくれるため、電話の応対が苦手な場合でも使いやすいです。

また、土曜日も営業している数少ない会社で、その点が評価されて口コミ・評判が良い部分があります。ただし、会社への在籍確認が必須となっているため、土曜日に営業している会社に勤めていることが条件になります。

手数料の3%~というのは非常に低い利率ですが、実際にはいきなり3%が適用されるわけではないようですので注意が必要です。

一部の口コミでは手数料で初回30%ぐらい取られたという話もありますので、契約する前にしっかりチェックすることが大事です。

口コミ

キャッシュ代行給料お助けサービス、在籍確認があってから連絡がこない・・・どうなるんだろ?(笑)

ちょっと手数料が最初のイメージと違ったけどメールでぜんぶできたから、それはそれで助かりました。

給料ファクタリングのまとめ

給料ファクタリングは、想定外の出費、急な資金不足などの困った事態に素早く現金を調達できる方法です。

その点ではとても重宝しますが、給料が入ってもそのお金はもう自由に使えません。

給料ファクタリングというのは給料を前借りしたようなものですので、給料が手元に入ってもそこから返さなければいけません。

しかも、手数料がかかっていますのでお金は目減りしています。

その点を踏まえると

  • 借金を絶対にしたくない
  • 借金できない金融ブラック
  • 他に現金調達のアテがない

など、どうしようもない時に単発的に利用するのが無難です。

一時的にお金が足りなくなって対策がない時には、信頼できる給料ファクタリング会社を利用するのが大事です。

ランキング第1位の七福神はこちら

特定商取引法に基づく表示

目次