メニュー
さぁ、歩みだそう。

該当する記事はありませんでした。

給料ファクタリングというサービスが少しずつ広がってきました。

給料ファクタリングに対応する会社はそれほど多くありませんが、やるならその中でも安心して買い取ってもらえる優良会社を選びたいですよね。

ここではお給料を買い取ってくれるファクタリング業者を厳選比較してランキングでお伝えしています。

もちろんそういう形での資金調達はしないのが1番ですが、もし万が一の時は参考にして納得のいく取引をしましょう。

当ページで分かるのは以下の点です。

  • 給料ファクタリングの基礎知識
  • 給料ファクタリングの利用方法と流れ
  • 給料ファクタリングのメリット・デメリット
  • 給料ファクタリング会社の見分け方
  • 悪徳業者に騙されない方法とは
  • 給料ファクタリング利用時のポイント
  • 給料ファクタリング会社厳選比較ランキング

 

>>給料ファクタリングの厳選比較ランキング1位はこちら

 

給料ファクタリングの基礎知識

 

給料ファクタリングは、個人が勤めている会社から毎月もらうお給料をファクタリング会社に買い取ってもらい現金を調達するサービスです。

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングの仕組みを簡単におさらいしましょう。

ワンポイント

ファクタリングは元々、法人企業の売掛金を早く現金に換えるための債権譲渡取引です。掛け取引が中心の法人取引の場合、売掛金が現金になるまで通常1~2ヶ月程度かかります。それまでの資金繰りが厳しい場合など、いずれ入金される売掛金が早く現金になればその間のキャッシュフローが改善します。

そのためのサービスとしてファクタリング会社が法人企業の売掛金を買い取って、買取代金を支払うという仕組みです。

一般ファクタリングとの違い

一般ファクタリングは法人企業が対象のサービス

給料ファクタリングは個人が対象のサービス

 

補足

企業が社員のお給料を払うためにファクタリングを利用して資金調達するケースは、あくまでも企業が自社のために利用するファクタリングのため、一般ファクタリングとなります。

これは調達の理由がお給料のためであっても、企業が資金調達するために利用するため給料ファクタリングにはなりません。

つまり「資金を何に使うか」という資金の用途は関係ないということです。

分かりやすい判断として、誰がファクタリングを利用するかという点がポイントです。

給料ファクタリングの利用方法と流れ

 

給料ファクタリングのメリット・デメリット

 

給料ファクタリングのデメリット

 

給料ファクタリングのデメリット

手数料がかかる

本来、給料日に給料を受け取る場合は一切不要な手数料がかかるというのは

繰り返す可能性がある

給料ファクタリング会社の見分け方

 

悪徳業者に騙されない方法とは

 

給料ファクタリング利用時のポイント

 

給料ファクタリング会社厳選比較ランキング

 

 

 

 

 

 

特定商取引法に基づく表示

ページトップへ